大阪震度6を体感|備忘録

午前7時58分ごろ、大阪府北部で発生した震度6の地震で目が覚めました。

寝屋川市の自宅で目を覚ますと、寝てる僕のほうに使っていない扇風機が倒れてきました。
立ち上がって妻と互いに安否確認。
家の中は台所近辺の棚やテレビ付近のCDなどが倒れていたぐらいでした。

テレビをつけると震源地は大阪。
川を挟んで向かいの高槻市。
ケータイから地震速報が鳴り出す。

京都の実家に電話するも電話回線はつながらず。
LINEを仕込んでおけば良かった。

TwitterとFacebookに安否投稿。

京都の実家近くの友だちがこのへんなんともなかったとコメントくれていたので一安心。

玄関そばの防災グッズを詰め込んだ鞄と手動式の懐中電灯が別々に場所にあったことに気づいて入れ直す。

食事調達のために駅前のスーパーに向かうと開店時間を遅らせると入口付近で案内が。

こちらは午前10時前の駅前の様子。京阪が止まり、立ち往生の人々。

香里園駅前

そして近所のマクドナルドは大混雑。

マクドナルド

コンビニで冷凍食品などを購入して帰宅。

ガスが止まっていたのでこちらの方法で復旧。

14時ごろに実家に電話がつながり、無事を確認。

少し疲れて横になるものの、上空を飛ぶヘリの音や救急車のサイレンで眠れず。

昨日遅くまでドイツVSメキシコを見なければ良かった。

とりあえず今日の予定は一旦リセットして、落ち着くために備忘録を書くことからはじめています。

時系列ではないメモ
・時々、阪神大震災のときの感覚がフラッシュバック。
・こういうときに予約投稿の広告記事は悲しくみえる。

支援を要する障害者や高齢者向けのサイトをメモ。

このサイトは、大災害が発生した時、支援を要する障害者や高齢者への情報を掲載することを目的にしています。また、日頃からどのように災害に備えればいいか、防災や減災のためのヒントを障害等別に情報をまとめています。

海外の方向けにお役立ちリンクをつくりました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク