中崎町で50年続く定食屋「はまゆう」のおばあちゃんがスゴい件

ECCの長尾さんと中崎町の小学校近くの食事処へ。88歳のおばあちゃんが営む定食屋はまゆうさんで山盛り食べてきました。「もうおなかいっぱい!」って言わないと、どんどん「これ食べる?」と出してくるおばあちゃん。自家製のらっきょとかおいしかったです。

中崎町でお店をはじめた頃は印刷工場がまわりに多く、昼間から洋酒が売れたそうです。コーラもよく売れたからケースが積み上がっていたとか。

都島通りでこけてしまい、立ち上がれなくなったときのエピソードがなんか豪快です。

「ぴゅーと医者に行って氷で冷やしてもらったから助かってん」

「え? 立ち上がれないのにぴゅーっと?」

「ぴゅーっとや」

「歩いて?」

「ぴゅーっとや」

「あとな、煙草をひかえててな。このごろは一日一箱って決めてんねん」

なんかスゴい! 元気なおあばちゃんでした。


(「はまゆら」だと思いこんでいたけど、「はまゆう」らしいです)

はまゆう
大阪市北区中崎西1-8-28
4席(無理したら5席)
「2時までに来てー」とのことです。