工学研究者、玉城絵美さんのセブンルール。1日の仕事を数値化するというルールがすごい!

見出しの「1日の仕事を数値化する」とは関西テレビの番組「セブンルール」に登場された工学研究者、玉城絵美さんのルールのひとつです。

コンピュータによって自由に手を動かす装置「PossessedHand(ポゼストハンド)」

玉城絵美さんは「PossessedHand(ポゼストハンド)」というコンピュータによって自由に手を動かす装置を発明された方です。

体験共有で経験値を得る!未来のノーベル賞候補が作った触れるVRの効果 | EMIRA

多忙な毎日をおくる玉城絵美さんがルールにしているのは、番組Twitterによりますとこの7つ。

1日の仕事を数値化する

この一つ目のルールで鷲掴みされ、思わずテレビ画面を撮影しました。(モニター掃除しなきゃ…)

HWV、ハッピーワーキングバリューと命名し、彼女が独自に編み出した自己評価方法なんだそうです。

togetterにまとめられていました。

事前に所要時間と重要度を割り振り、実際どれくらいできたかを計算することで1日あたりの進捗を数値化でき、月曜は進捗が悪い日、木曜金曜はうまくいっているけど月曜日はうまくいかなかった、その要因は何かを分析するというもの。件数×時間×重要度×緊急度なのです。

ちょっと試しに自分でもやってみたいと思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク