About

狩野哲也 / kano tetsuya
1975年京都生まれ、大阪のNYCity、寝屋川市在住。関大卒、専攻は西洋史学。街と餅と筑前煮が好きです。


著者近影

主にグリーンズ、ハローライフ、京都移住計画、大阪アーツカウンシルで執筆しています。働き方を伝える求人系、歴史を伝える地域誌系、ソーシャルメディアを活用するパブリックリレーション系の分野が得意です。


事務所ロゴ

狩野哲也事務所は1999年以来、雑誌の編集、執筆からはじまり、企業大学行政などの広報冊子やウェブサイトなどの制作に携わってきました。「伝える」お手伝いのどこかを担当しています。

狩野がお手伝いできることを分解すると以下のようになります。(目次をクリックしていただくと、参照ページに飛びます。)

冊子、フライヤー、ポスター、webサイトなど企画編集執筆デザイン(1998〜)

企画・プランニング

編集・ディレクション

プロジェクト単位/

クレオ大阪 チャレンジカフェの試み

北野地域誌

宮城県栗原市移住定住ガイドブック

インタビュー記事の作成、連載(1998〜)

キャリアのスタートは求人雑誌の編集者でしたので、求人系のお仕事が多いです。

web上で読める寄稿記事/

greenz.jp(グリーンズ)

greenz.jp | ほしい未来は、つくろう。

東光寺の境内で「やすられ様」を中心に踊る人たち 撮影:辻村耕司 最近は各地のお寺で音楽やアートのイベントが開催されていますね。これまでも「まちのお寺の学校ナビ」

ハローライフ

DODA

fabcross for エンジニア

大阪アーツカウンシル

講義・レクチャー(2005〜)

スマホが登場した2008年ごろあたりから情報発信系の講座の依頼が多いです。こちらで情報発信をめぐる講座の依頼を整理しました。2017/6/22に広報のイロハという講座でお話します。

全体
プロジェクト単位

寝屋川市役所 ワガヤネヤガワプロジェクト

茨木市役所 いばらき魅力発信ワークショップ

水都パートナーズ 水都大阪

2016年度の水都大阪サポーター「水辺の部活動」のコーディネートを担当させていただいております。第一回目では小雨降る中、中之島公園から船に乗...

和泉市役所 いずみ市民大学

いずみ市民大学まちづくり学部テーマ学科のみんなでつくったマチオモイ帖が、BCCKSから納品されました。

いずみホール 広報のイロハ

大阪市立芸術創造館 ソーシャルメディアを活用した広報の勉強会

ライター、編集者として伝える際に普段大事にしていることをお話しします。

文化事業の企画運営、広報、情報発信(2012〜)

おおさかカンヴァス

道頓堀川を回転寿司のレーンにする作品「ローリングスシー」は、おおさかカンヴァス2015でのClass株式会社さんの作品です。 ...

中之島のっと

水都大阪

大阪アーツカウンシル

弊社が運営するDIYメディア

すべて狩野哲也事務所(kanotetsuya.com)からスピンオフしたサイトです。

働き方について考える。

求職者、採用担当者、求人広告制作者のためのライフテキスト

働き方について考える。

中崎町流行通信

大阪市北区の「のんびりした街」を伝えます。

中崎町流行通信

サロン文化大学

遊びと仕事の波打ち際で、流浪のトークイベントを運営しています。

サロン文化大学

ほか

問合せページ

Google

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする