アフリカにオフグリッドのクリーンエネルギーをもたらす、サンフランシスコの太陽光発電会社「Angaza」

英紙ガーディアンの記事が気になり、Google翻訳さまの力をお借りして、わかる範囲で翻訳しました。

(via) The San Fran solar company bringing clean energy to off-grid Africa | Social entrepreneurs solving problems around the world | The Guardian

記事で紹介されているのは、アフリカにオフグリッドのクリーンエネルギーをもたらす、サンフランシスコの太陽光発電会社「Angaza」です。

アフリカのいくつかの貧しい地域で灯油を使用する危険性を目の当たりにしたLesley Marincolaさんは、効率のよいクリーンエネルギーを提供するためにAngazaを共同設立しました。高校生の頃から電気の通じていない村で何度か過ごしたそうです。

「多くの人々が灯油​​とろうそくを使用していましたが、私はこれがどのように環境に悪影響を及ぼしているのか、恵まれない人々がどれほどの結果だったのかをよく知っていました」。

確かに世界保健機関(WHO)は、照明のために使用する燃焼灯油は、1日2本のたばこを喫煙することと同等だと推定しています。

「太陽エネルギーはクリーンで、より汎用性があり、はるかにコスト効率が良い」と言います。

製品には使った分だけ支払う方式のシステムが組み込まれているようです。

「現在までに、据付支払いシステムを使用して約250万人が灯油から太陽エネルギーに移行することができました。これまでのことを本当に誇りに思っていますが、まだまだ道のりはまだまだ残っていることはよくわかっています」

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク