関大前「歩危書房」のサロン的空間

関大前通りのビルの2階か3階にあった、歩危(ぼけ)書房という古本屋を急に思い出しました。本棚が縦横斜めに所狭しと並ぶ店内で、防災のことを考えたらアレだけど、わくわくする空間でした。

かなりの頻度で常連のお客さんが最近読んだ本の話を店主とされていたので、カウンター付近はサロン的空間でもありました。あんなふうに商品だけじゃなくて、知識や経験が循環されるような場っていいなあと思います。

僕は10円ぐらいで売っていた店前のダンボール箱に入っている文庫本を買って、阪急電車の中で通学路を読みながら帰っていました。あの店はまだあるのかな?