情報発信一覧

スマートフォンが登場した2008年ごろから「ソーシャルメディアを使って発信していきたいけれど、どう書けばいいですか?」という相談を受けるようになってきました。

地方自治体の公式Instagram活用事例

地方自治体関連の公式Instagramの使い方を研究するため、なんとなく気になったまちのアカウントをブワ〜っと見てブックマークしています。特に順番は関係ありませんが、狩野は大阪在住ですので関西に偏っています。

ファンをつくるウェブ発信のコツとは? 「かんたんなのに、ほとんどの人がやっていないお店にファンをつくるウェブ発信の新ルール」

「箱庭」流の発信方法が「SNSを素敵に発信していきたい!」「会社でSNS担当になったのですが、どうやったらいいのかわからない……」などの方々に役に立つ内容になっています。

SNSの使い分けは意図的。大阪市立芸術創造館の館長・重田龍佑さんが語る、TwitterとFacebookの使い方・考え方とは?

アートマネジメント講座「ファンづくりのイロハ」でのトークに先駆けて、今回は大阪市立芸術創造館(以下、芸創館)の館長である重田さんに、ソーシャルメディアの活用について、日々どんな工夫をされているのかうかがいました。

「悪質タックル問題」本人顔出しの記者会見を見て感じた、地に落ちた日大ブランドの失策とその対応策はどうすべきか。

本人顔出しで敬意を聞くと、監督やコーチ、上級生の対応がおそろしいと感じますね。この一連の騒動で日大の学生さんたちが気の毒です。では今蚊帳の外のようになっている、日大広報がとるべきだった対策は何か。「情報発信」という観点にしぼって書き留めておきたいです。

Twitter公式アカウントのつぶやきが6万回リツイート! 姫路市文化センター職員Nさんに聞いた、情報発信の工夫

アートマネジメント講座「ファンづくりのイロハ」でのトークに先駆けて、今回はTwitterのとあるつぶやきが「いいね88000件」「リツイート62000件」を叩き上げて話題となった、姫路市文化センター職員かつ同センターTwitterアカウント( @himejibunka )の中の人Nさんに、日々どんな工夫をされているのかうかがいました。

スポンサーリンク