いわき市役所 地域包括ケア推進課サイト「igoku」がお見事

Twitterのタイムラインに流れてきた投稿を見て興味を持ったのがこちら。福島県いわき市発。「地域包括ケア」を伝えるウェブマガジン「いごく」。

いわきで生まれて、いごいて、そして命を全うする人たちの悦び、悲しみ、楽しさもみんな脱線しながら伝えていきます。いわきの超絶元気な父ちゃんと母ちゃんのリアル。ぜひ感じでみでくんちぇ〜。

福島県いわき市発。「地域包括ケア」を伝えるウェブマガジン「いごく」。いわきで生まれて、いごいて、そして命を全うする人たちの悦び、悲しみ、楽しさもみんな脱線しながら伝えていきます。いわきの超絶元気な父ちゃんと母ちゃんのリアル。ぜひ感じでみでくんちぇ〜。

「いごく」って何?からはじまり、aboutページで「動く」の方言だと知り、じっくり読ませる構造。タイトルがすでにキャッチコピーとなっています。

人は、動けなくなるまで、動いていくものだ。なぜなら人は、1人では生きていけないから。誰かがどこかで「動て」いるからこそ、暮らしは成り立つのだと思います。

文章にするとどうしても長くなりがちな取り組みをうまく、柔らかい絵図にすることでなんとなく理解できました。

サイトの記事下にあるタグの使い方もお見事です。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク