インタビューで活用する録音機材ナカバヤシのiPhone対応マイク

インタビューを録音する際、ナカバヤシのiPhone対応マイクとiPhoneの搭載アプリ「ボイスメモ」を活用しています。

録音データをmp4にする

インタビュー終了後、iPhoneのハードディスクに入った音声データをGoogleドキュメントに直接送ります。そして最終的にはiPhoneの音声データを消します。

Googleドキュメントに送られたデータはこちらのプロセスを経て文字起こしに活用します。

おおさかカンヴァス開催まであと2日。 おおさかカンヴァス2016は、今もなお多くの人々をひきつけてやまない #太陽の塔 がそび...

こちらを読むかぎり2016年から同じものを使っているようです。

iPhone外付けマイクの何が良いか?

これまでUSB型のボイスレコーダーを使っていましたが、電池の減りがあまりわからず、途中で切れないかいつもヒヤヒヤしていました。

けれどiPhoneは普段から使っている上、電池の減りが一目でわかるのでヒヤヒヤしなくなりました。

また、例えば水族館や家具の製作現場など、音のうるさい現場で取材することもあります。それらの音をマイクに取り付けるフワフワが少し遮断してくれます。

まとめ

そんなわけで重宝していたのですが、いま見るとナカバヤシは製造をやめたみたいです。

フエルアルバム、手帳、シュレッダ、製本、図書館ソリューション、商業印刷をはじめ、情報整理の総合サポーター ナカバヤシ株式会社の公式サイトです。製品紹介、企業情報など幅広く情報提供を行っています。

残念…。このマイクが壊れたら、新しいものを買う必要がありますが、なんとなく壊れなさそうな気がします。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク