高知遺産プロジェクト|けんちくの手帖

「高知遺産」は2004年に高知市のギャラリーgraffittiで4回にわたって開催された展覧会【高知遺産】で参加者および来場者よりセレクトされた400点あまりの高知県の「遺したい」あるいは「大切な」建築、まち、風景を紹介した「高知本」です。高知県と聞いたときに思い浮かぶ観光地などは掲載載されていないところが良いなあと思いました。

PICT0917

PICT0927

前半は自費出版するまでの解説があり、編集、デザイン、撮影、写真の色分解まで内輪で行ったのだとか。本を卸に通さない販売ルートで売っていくことで経費を抑えたことなど、本業を別にお持ちでありながら、よくできたなと感心するエピソードが聞けました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク