会田誠氏の美術講座を巡り女性が訴訟した件のまとめ

京都造形芸術大の公開講座を受け、ゲスト講師から環境型セクハラにあって精神的苦痛を受けたとして、受講していた女性が、大学を相手取り慰謝料など計約333万円の支払いを求める訴訟を東京地裁に起こしました。

京都造形芸術大の東京キャンパスで公開講座を受けたところ、ゲスト講師から環境型セクハラにあって、精神的苦痛を受けたとして、受講していた女性が、大学を運営する学校法人「瓜生山学園」を相手取り、慰謝料な...

会田誠氏

さまざまな声

編集中

経過を見守りたいと思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク