謎は深まるばかり! パリ装飾芸術美術館のエレベーターのボタン

中崎町の雑貨店JAMPOTの店主あんこまんさんがパリ滞在中にポストした内容が謎でした。

エレベーターのボタンが謎

なぜだろう? ネット探偵出動です。

階の数え方の違い

フランスに滞在された方たちのblogを読んでわかったことは、日本でいう1階はパリの場合、0階。日本の2階がフランスの1階のことのようです。

フランスの0階(日本の1階) rez-de-chaussée
フランスの1階(日本の2階) première étage
フランスの2階(日本の3階) deuxième étage
フランスの3階(日本の4階) troisième étage
フランスの4階(日本の5階) quatrième étage

となるとDは日本でいう3階でしょうか。6は日本でいう7階。Mはmiddleだとすれば日本でいう5階。英語でmezzanineは中二階。ではフランス語はなんだろう。調べると、フランス語もla mezzanineのようです。しかし、あんこさんは建物は4階までしかないと記載されています。

確かに美術館をグーグルマップやストリートビューで見ると3〜4階しかないですね。昔からこの高さなのでしょうか?

1905年に開館した、パリ装飾芸術美術館

こちらの記事によりますと、パリ装飾芸術美術館は1905年に開館し、途中改装して2006年にリニューアルオープンしています。

100年以上前から7階まであるとは考えられないです。

Muséedes ArtsDécoratifs(パリ装飾芸術美術館)の公式ページはこちら。

かっこいいサイトですね。ウィキペディアによりますと、

The Musée des Arts Décoratifs was closed from 1996 due to a renovation of the building and of 6,000 or so works from the collection; the renovation cost €35 million (about $45 million in 2006). The museum reopened September 15, 2006. 

Muséedes ArtsDécoratifsは、建物の改装とコレクションからの6,000程度の作品のために1996年に閉鎖されました。 改装費用は3500万ユーロ(2006年は約4500万ドル)でした。 博物館は2006年9月15日に再開しました。

とあります。振り出しに戻りました。6はいったい何を意味するのか。

点字の発祥はフランス

文字の下の点字に注目してみました。

フランス語の点字一覧によりますと、MはM、DはDでしたが、6は?Fの二文字です。点字で考えても謎が深まります。

端っこの建物は何?

こちらを見ると建物は9階まであるようです。

確かにGoogleストリートビューで確認したところ、端っこは高いですね。

n

館内のパンフレット

つづく

謎は深まるばかり! どなたかこの謎が解ける方、教えてください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク