日替わり店主の古本屋「みつばち古書部」(谷町線「文の里」駅下車すぐの「文の里商店街」内)

雨降りの中、日替わり店主の古本屋「みつばち古書部」を目指して初めての「文の里」駅へ。

谷町線「文の里」駅

地上に上がると「善意の傘」コーナーがありました。

注意書きのクセが強いです。「!」と「?」の使い方が独特すぎます。

日替わりの古本屋、みつばち古書部

文の里商店街に向かい、重田さんが店番している日替わりの古本屋、みつばち古書部へ。

日替わり店主の古本屋「みつばち古書部」

店内は本棚の箱がたくさんあり、それぞれの箱のスペースに日替わり店主それぞれの屋号が記載されていて、出品されています。店番は売ることを楽しんだり日頃の息抜きをしたりできます。

今日は重田さんが店主(幻想古書店 ”Once Upon a Time”)でしたが、僕が購入した4冊の本のうち、重田さんが出品した本は一冊で、ほかの三冊はほかに出品されている別々の店主の本を買いました。本にはさまれたスリップにそれぞれの店と値段がついていて、客である僕は一括で払いますが、店主はそれを帳簿につけるようなカタチです。

つまり、店主は自分が店番をしていない日も、自分の出品した本が売れる仕組みです。これは物販だからできる良い仕組みですね。

仕組みについては詳しくはこちらのサイトをご覧ください。

■みつばち古書部グッズ(お買い物バッグ、文庫用ブックカバー、ヘアゴム)販売 (制作:たびすずめ) ■どうぞのたな(企画:一服文庫) ■週刊イチゴ狩り古書部

お札を出すとなつかしい人が出てきました。

みつばち古書部
大阪市阿倍野区昭和町1-6-3

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク