楽しいことが、しんどいときのよりどころになる。灘愛あふれる“naddist”慈憲一さんに聞く「”まちあそび”と復興のこと」

超絶リスペクトする灘のトリックスター、慈憲一さんにインタビューさせていただきました。慈さんの繰り出す、オモシロ企画のベースにあるものがわかる内容となっています。2分ぐらいで読めると思いますのでぜひ読んでみてください。

s_1

楽しいことが、しんどいときのよりどころになる。灘愛あふれる“naddist”慈憲一さんに聞く「”まちあそび”と復興のこと」

特集「震災20年 神戸からのメッセージ」は、2015年1月17日に阪神・淡路大震災から20年を経過し、震災を体験した市民、そして体験していない市民へのインタビュ

まちあそび企画で神戸に楽しいことをつくり続ける。 灘愛あふれる“naddist” 慈憲一さん

2015年1月17日、阪神・淡路大震災から20年を迎えるにあたり、震災以降、神戸で生まれた教訓や知恵を共有し、発信するサイトです。「震災を経験した神戸だからこそできること」を市民とともに考え、市民とともに発信していきます。

特集「震災20年 神戸からのメッセージ」は、2015年1月17日に阪神・淡路大震災から20年を経過し、震災を体験した市民、そして体験していない市民へのインタビューを通して、「震災を経験した神戸だからこそできること」を広く発信していく、神戸市、issue+design、デザインクリエイティブセンター神戸(KIITO)との共同企画です。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク