岡山15箇所の自治体SNS一覧から垣間見える、自治体の上手なソーシャルアカウントの使い方とは?

市役所のソーシャルアカウントを読み比べると、実は地域によってクオリティレベルが違いすぎることに気づきます。また、投稿内容から担当者の姿勢そのものが透けて見えてきます。メモがてらにリンクをこちらに用意しました。

赤磐市(あかいわし)のソーシャルアカウントを勝手に整理してみました。
瀬戸内市のソーシャルアカウントを勝手に整理してみました。
高梁市(たかはしし)のソーシャルアカウントを勝手に整理してみました。
井原市のソーシャルアカウントを勝手に整理してみました。
岡山県倉敷市のソーシャルメディア公式アカウントを中心に、地域の魅力を掘り起こし中です。
真庭市(まにわし)のソーシャルアカウントを勝手に整理してみました。
備前市のソーシャルアカウントを勝手に整理してみました。
総社市(そうじゃし)のソーシャルアカウントを勝手に整理してみました。
浅口市(あさくちし)のソーシャルアカウントを勝手に整理してみました。
新見市のソーシャルアカウントを勝手に整理してみました。
岡山市のソーシャルアカウントを勝手に整理してみました。
津山市のソーシャルアカウントを勝手に整理してみました。
笠岡市のソーシャルアカウントを勝手に整理してみました。
玉野市のソーシャルアカウントを勝手に整理してみました。
美作市(みまさかし)のソーシャルアカウントを勝手に整理してみました。

関連記事

市役所のソーシャルアカウントを読み比べると、実は地域によってクオリティレベルが違いすぎることに気づきます。また、投稿内容から担当者の姿勢そのものが透けて見えてきます。メモがてらにリンクをこちらに用意しました。
大阪33箇所の市役所ソーシャルアカウントを勝手に3段階評価してみました。SNSの投稿内容から担当者の姿勢そのものが透けて見えてきます。以下、情報発信の専門家(の端くれ)として、○△×で採点してみました。
市役所のソーシャルアカウントを読み比べると、実は地域によってクオリティレベルが違いすぎることに気づき、SNSの投稿内容から担当者の姿勢そのものが透けて見えてきます。メモがてらにリンクをこちらの用意しました。
宮城県のソーシャルアカウント(2018/10/11更新)を勝手に整理してみました。
市役所のソーシャルアカウントを読み比べると、実は地域によってクオリティレベルが違いすぎることに気づき、SNSの投稿内容から担当者の姿勢そのものが透けて見えてきます。メモがてらにリンクをこちらの用意しました。
市役所のソーシャルアカウントを読み比べると、実は地域によってクオリティレベルが違いすぎることに気づきます。また、投稿内容から担当者の姿勢そのものが透けて見えてきます。メモがてらにリンクをこちらに用意しました。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク