NHK Eテレ 建築は知っている ランドマークから見た戦後70年

NHKのEテレで「建築は知っている ランドマークから見た戦後70年」を見ました。

NHK

以下、NHKオンラインより引用しています。
http://www4.nhk.or.jp/P3342/

建築は、時代を語る。
東京の代表的な昭和建築と、戦後のエポックメーキングな出来事とを重ね、時代に、時に寄り添い、時に戦った建築家の思考の跡を辿りながら、日本という国の歩みも浮かび上がらせる。
例えば東京タワー→霞ヶ関ビル→貿易センタービル→新宿の副都心摩天楼→サンシャインシティ→六本木ヒルズ…。今も東京を彩る代表的な建築物は、いかなる時代の空気の中生まれたのか?時代のランドマークとなる巨大ビルの変遷は、その形状そのものが、時代を語る、歴史の証人だ。マンションやホテル、ショップ、オフィスという、日本的総合開発の歴史も興味深い。誰でも訪れることのできる社会的な建築物から、戦後史を見直すと・・・?
高度成長期に語られた途方もない夢の計画、バブル前夜の東京新都庁建設の背景にあった攻防戦など、様々なエピソードを織り込み展開。戦後70年となる年に、敗戦の焼け跡から現代日本の混沌まで、時代と共に変化してきた建築の醍醐味を味わう。戦後ニッポンを支えた建築家たちの、その建築にかけた“思考”や“願い”を見ることで、日本の未来への想像力を見いだす、新春特集。

この番組のメモを列挙しておきます。
おでんを食べながらメモしたので、ところどころ間違っているかもしれません。

→ここに書いているサロン文化大学のランドスケープサミットこちらのことです。

→新宿駅西口地下広場(wikipedia

世界初のカプセルホテル「カプセル・イン大阪」のご案内|カプセル・イン大阪

→多摩ニュータウン(wikipedia

→ポストモダン建築(wikipedia

→ハウステンボス内の分譲住宅ってこれのことか〜。
ハウステンボスに住む|ハウステンボスリゾート

ほかにも、NHKの番組に関するメモはこちらにまとめています。