ピッコロシアターの音声ガイドつき演劇公演体験レポート

赤ずきんちゃんの森の狼たちのクリスマス。視覚に障がいのある方の鑑賞をサポートする音声ガイドつき公演に行ってきました。

まずピッコロシアターは尼崎市にあります。最寄り駅はJRだと塚口駅、阪急だと塚口駅になります。

JRから徒歩5分で本館にたどり着きました。この日はファミリー層が多かったです。

お目当は数日前の大阪アーツカウンシルの月1トークイベント「あつかん談話室」の
ピッコロシアターの音声ガイドつき演劇公演
で聞いていた、アクセシビリティ公演の現場です。

最初に受付でラジオが手渡されました。ラジオはすでに生放送中で、役者の方のゆったりとした口調で、開演前の注意事項や舞台セットの様子などを話ししておられました。

開演すると役者さんのセリフの前後に見えないとわからない状況を上手に伝えておられます。

開演後はロビーで役者さんと機会が設けられました。

わりと段差の多い建物ですが、スタッフの方が上手に誘導されます。ピッコロシアターはホスピタリティに溢れてます。ちゃんとお客様と関係性をつくることを積み重ねてこられたのだなと感じました。