手ぶらで成田山不動尊に訪れたおじいさん。

手ぶらで成田山不動尊に訪れたおじいさん。破魔矢を手に持つのが嫌なのか、首筋から背中にチャキーンと差し込んでおられて、まるで誇り高き勇者のよう。風立ちぬその道のどこかで君を探しているのかもしれない。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク