顧客セグメントはあっているか?

価値提案したもののターゲットを変えてみたらヒットしたという例を紹介します。

料理する人からオフィスで働く人へ

シュレッダーはさみ

最初は海苔を切るハサミだった。お客さんから「うちはシュレッダーとして使ってるわよ!」と言われてシュレッダー用ハサミとして再デビュー。2006年の発売から5年間で5億円!

2011年6月12日のがっちりマンデー!!使い道を変えてブレイク!

同世代に向けた演劇から世代を細分化した演劇へ

震災がきっかけでお客さんの設定を細分化したというエピソードを紹介します。

仙台で活躍する役者・野々下孝さんに聞く東北の演劇事情 | 大阪アーツカウンシル

野々下さんはお客さんの設定を細分化するようになったと振り返りました。
「震災前はこの公演は子ども向け、高齢者向けなどと設定せず、自分たちと同世代に向けて面白いものを発信していました。年代などに応じてワークショップを細分化していったことが公演の細分化につながりました」

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク