【SNS運用】「誰が発信する?」と考えるのは旧時代。ソーシャルメディアを使った情報発信のベースとなる考え方

パブリックリレーションを意識するために、ビジネスモデルキャンバスで考えてみましょう。スタッフの中で「誰が発信する?」と考えてひとりに絞るのは、もはやSNS以前の話。いかなる個人より全員のほうが賢いという答えがスタンダードな時代です。

ここではソーシャルメディアを使った情報発信のレクチャーで念頭に置いているものを整理しておきたいと思います。

情報発信で大事にしていることは、下記のビジネスモデルキャンバス(戦略を考える際に役に立つフレームワーク)で説明するとわかりやすいです。


画像はビジネスモデル・ジェネレーションより。

情報発信を通じて、お客様との関係を高めたい

ホームページやメールマガジン、フライヤー、フリーペーパーなどと違って、ソーシャルメディアはお客様と仲良くなれるツールです。

いろいろ理屈を話す前に事例がこちら。

エイチエムピー・シアターカンパニーの「アラビアの夜」を観劇。会話劇、役者さんの一人称と三人称の使い分けにぐいぐい引き込まれて、あっという間の時間でした!

関わった人が応援がてらに情報発信しています。

お客様がファン(キーパートナー)となり、さらに別のお客様に情報を拡散していく。

コミュニケーションの観点がないと、お客様との関係という軸が抜けやすい

おいしいごはんをつくる料理店も、接客態度が悪くてお客様が遠のくと、おいしいごはんがもったいないことになります。

特に公共施設はなぜか、直接お客様にお金をいただくビジネスではないからか、お客様との関係という観点を無視していることがあります。

例えば図書館。

入り口でスタッフの方と顔をあわせても「こんにちは」の一言もないことがあります。

文化芸術に関わる人も同じです。

「心に響く芸術作品をつくれば、必ず伝わる」

と考えて、お客様とのコミュニケーションいつまでも無視していると、求めていない一方的な情報がお客様のもとに届きます。

ちょうどこんな感じです。

これを減らすためにお客様とのコミュニケーションをつくっていきたいです。

このランチ、おいしいけれど男性にはごはんの量が少ないな…

お店が開いているかどうかわからない。看板を出せばいいのに…

時間がかかりますが、ソーシャルメディアはこの部分、お客様との関係強化にもっとも適したツールです。

(公共施設など、直接お客様からお金をもらわないビジネスモデル、顧客との関係というフレームが欠ける説。PR戦略を考える際に役立つフレームワークを見ながら考えると確かに欠けていることがわかる)

さまざまな年齢層に情報を届けたい

さける人員のリソースが限られた中で、さまざまな年齢層に情報を広げようと思うと、全員で発信するのがベターです。

狩野は広報担当者の役目はPR戦略を、理想的には組織のみんなと共有することだと考えています。
(人数が少ないと別の仕事と兼任されることが多いですが、ビジネスモデルキャンバスで考えるとバランスが悪いです)

いかなる個人より全員のほうが賢い

こちらはTEDのトークです。世界最大級のデザインコンサルタント会社、IDEO(アイディオ)の共同経営者トム・ケリー氏の言葉です。

最近つらつらと考えていて、一度書いておこうと思っておいたことを。 タイトルの言葉は、この一冊、「デザイン思考が世界を変える」からの不確かな(笑)引用です。大好きな言葉で、言い回しはともかく、大意ではあっているはずです。 …

うまくいっている組織やグループなど、ミッションを共有しているところはできない理由よりも、できる理由を探す方が多いです。

「ファンづくりのイロハ」目次ページに戻る

いずみホール主催のアートマネジメント講座で講師をさせていただきます。今回のテーマは「ファンづくりのイロハ」。7/22にお話しする資料をこちらにまとめています。

今年もいずみホール主催のアートマネジメント講座で講師をさせていただきます。今回のテーマは「ファンづくりのイロハ」。7/22にお話しする資料をこちらにまとめていきます。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク