日本相撲協会のソーシャルアカウントは「ファンづくりのコツ」がつまっている。

世界が狭くなりがちな分野では、翻訳に力を入れることが必須です。日本相撲協会のTwitterアカウントは土俵以外の力士の姿を見せることでファン層を増やそうとされています。

テレビ中継されない舞台裏を見せる。

化粧回し、番付発表、お誕生日の力士の紹介などもされていて、コンテンツのネタは無限にあります。

楽しそうな姿。週刊誌をにぎわすダークな側面を払拭したい。

とにかくRetweetや「いいね!」がしたくなります。

若者や子育て層を狙ったInstagram戦略。

参照記事 お姫様抱っこも!? 「日本相撲協会」のWeb企画が面白い | WEEKLY MAGAZINE | Sony Select

【まとめ】「発信側と受信側の間に情報の格差が大きい閉鎖的な世界で、情報の非対称性に挑む。」

翻訳することで新しいファンを獲得し、楽しみ方を伝える取り組みをこちらにまとめています。
発信側と受信側の間に入って翻訳する人が必要な世界をいかに上手に見せるかで、市場が大きく変わります。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク