「私たち」と「私」の情報発信

普段「私たち」を主語に語る場面が少ないので、主語を「私」にして情報を伝えることよりも、たいへん頭を使います。まずはご自身で発信してみてください。

自分が使ったことがないと上司や部下に説明できません。調査によると〜だと言われています、といった説得力のない内容になります。

私たちの組織としてできないことも、私ならできる、試せる。

誰が発信する? いかなる個人より全員のほうが賢い

見本

劇団壱劇屋の公式サイト。パフォーマンスとマイムを融合させた関西の演劇集団

(おまけ)ソーシャルメディアに対する考え方は、これからの採用にも影響している

コルクの社員評価ポイントは「ツイッターフォロワー数」のみ(ゲスト:佐渡島庸平さん)【前編】 | AdverTimes(アドタイ)

まとめ

情報を伝え広げなければ沈没するビジネスで、ソーシャルメディアを使うのに抵抗のある人は採用されなくなるのは普通です。「泳げないのにプールの監視員がしたい」「英語話すのは苦手だけど英会話スクールで働きたい」のと同じレベル。楽する方法などありません。

【目次】「ファンづくりのイロハ」目次ページに戻る

いずみホール主催のアートマネジメント講座で講師をさせていただきます。今回のテーマは「ファンづくりのイロハ」。7/22にお話しする資料をこちらにまとめています。
今年もいずみホール主催のアートマネジメント講座で講師をさせていただきます。今回のテーマは「ファンづくりのイロハ」。7/22にお話しする資料をこちらにまとめていきます。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク