ゴミ排出量が世界一少ない、フィンランドのゴミ問題

ゴミ排出量が世界一少ないフィンランド。核のごみにどう向き合っているのか気になります。

Part1 フィンランド編:核ごみプロセス、海外ではどうなってる?~ドイツ・フィンランドの事例から~ | 核ごみプロセスをフェアに!

2017.07.31

世界ではすでにフィンランド・スウェーデンが処分地を選定しており、他の国々でも議論を進めています。どの国も数回挫折しながらも、紆余曲折を経てよりよい選定プロセスを模索中のようです。今回は、中でもオルキオ

10万年後の安全―「信頼」と「責任」の意味 | 「原子力発電のごみ」を知っていますか?

2016

日本から7900キロ、フィンランドの首都ヘルシンキからも240キロ離れた小さな町が、いま世界の注目を集めている。その町の名はエウラヨキ市。原子力発電に伴い発生する高レベル放射性廃棄物、いわゆる「核のごみ」を地下深くに埋める最終処分場の建設について正式に国の認可を受けたからだ。世界初の商用原子炉が稼働してから60年。人類がいまだ手をつけられなかった核のごみ対策がようやく一歩前へと動き出す。

日本から7900キロ、フィンランドの首都ヘルシンキからも240キロ離れた小さな町が、いま世界の注目を集めている。その町の名はエウラヨキ市。原子力発電に伴い発生する高レベル放射性廃棄物、いわゆる「核のごみ」を地下深くに埋める最終処分場の建設について正式に国の認可を受けたからだ。世界初の商用原子炉が稼働してから60年。人類...

核のゴミ、市民はどのように処分方法を決めたのか — フィンランドの経験|Global Energy Policy Research

2014年02月24日

Finnish families get to grips with trash – thisisFINLAND

November 2013

Finland, a leader in bottle and paper recycling, sets bold goals to cut the amount of household waste sent to landfills.

フィンランドの人たちは環境問題に関して意識高い系ですねん、と書いています。

ヨーロッパのゴミ問題まとめ

アジアのゴミ問題は深刻ですが、ヨーロッパのゴミ問題はなんだかハイテクなニュースが多いです。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク