2018年7月倉敷市豪雨災害

倉敷市は2018年7月の豪雨で大きな災害を受け、Twitterでは状況を一時期リアルタイムで発信されていました。

ホームページには現在、特設ページもあります。

倉敷市ホームページ。観光客向けの美観地区・瀬戸大橋などの観光情報、各種証明書や暮らしに関する手続・施設などの情報、事業者用の入札情報や債権者登録、各種届出様式などの情報を掲載しています。また、手続の電子申請や施設予約、図書の蔵書検索・予約など役立つリンクも掲載しています。

住民だけでなく、多くの近隣の方にも情報が広がり、さまざまな支援の輪が広がりました。こういうときにどの部署の人が更新するかとか、どういう文言がふさわしいかとか、上司の印鑑を押してから、などといったルールにしていては住民ファーストではなくなります。

ニッポン放送「飯田浩司のOK!Cozy up!」(7月10日放送)にジャーナリストの有本香が出演。西日本豪雨の被災地である岡山県で取材を続けている山陽放送・国司憲一郎アナウンサーと電話をつなぎ、現在の…
被災地支援は、必要な物資を必要なタイミングで届けることが重要だ。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク