与一くんのまち・栃木県大田原市の魅力を、自治体の公式SNSから読み解く

栃木県大田原市のソーシャルメディア公式アカウントを中心に、地域の魅力を掘り起こし中です。

Twitter

こちらは栃木県大田原市観光協会Twitter「与一くん」のアカウントです。リプ、フォローは気まぐれデス(笑)というプロフィール記述がいいですね。こうしておくことで完璧を目指さずにすみます(笑) しかしよく見るとリプライに対してうまくリプライされています。

また、一般の方の与一くんに対する言及をお気に入りに入れることでコミュニケーションされています。

このタイムラインを見るだけで、親睦が深まっている様子がわかります。

Facebookページ

大田原市、栃木県 大田原市 - 「いいね!」1,058件 · 53人が話題にしています · 154人がチェックインしました - 栃木県大田原市のオフィシャルFacebookページです。
与一くん(栃木県大田原市観光協会)、栃木県 大田原市 - 「いいね!」2,115件 · 115人が話題にしています - 栃木県大田原市「与一くん」についてのコミュニティーサイト(Facebook)です。

YouTube

本市の市政情報及び魅力を高める動画を発信することにより、本市の魅力、活力のPRを広く図り、市内外に積極的に発信することを目的とします。 原則として、動画の配信のみを行い、動画に対するコメント及びこれに対する回答等の対応は行いません。

blog

その他

移住定住

2016年度から取り組んでいる大田原市移住・定住促進事業(大田笑市プロジェクト)の一つとして、本市の魅力発信のため、昨年度、市民ライターを養成する1回目の「大田原市民ライター講座」を開講しました。その後、受講者による記事投稿ページを「大田原市魅力発信サイト/大田笑市」に開設しました。大田笑ライターによる記事がアップされていますので、ぜひご覧いただきたいと思います。気に入った記事がありましたら、「いいね」とSNSでのシェアをお願いいたします。

「大田“笑”市」プロジェクトの一環として、ON(働いている時間)とOFF(休息の時間)のバランスの良さが魅力の栃木県大田原市の情報を発信する、移住促進サイトです。
「大田“笑”市」プロジェクトの一環として、ON(働いている時間)とOFF(休息の時間)のバランスの良さが魅力の栃木県大田原市の情報を発信する、移住促進サイトです。
大田原市観光協会の公式のオフィシャルサイトです。大田原市観光協会のキャラクター「与一くん」が鮎の漁獲量日本一の清流那珂川や国宝「那須国造碑」国重要文化財「那須神社」など観光名所案内や泊まる・日帰り温泉などおすすめスポット情報をご案内いたします。栃木県大田原市観光協会。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク