旧体制vs新体制 阿波踊り騒動は誰も得しない

阿波踊りの赤字問題を機に、これまでの権力と今の権力のVS構造と遠藤市長や、もうひとりのおじさんのキャラが悪目立ちしています。

阿波踊りは8月のわずか4日間で観光客が120万人も超えるお祭りなので、普通に考えるとまちの経済が潤うと思うのですが、何が問題なのかこちらの記事がわかりやすいです。

徳島市の夏の風物詩である「阿波おどり」が、「イベント地獄」であることが表面化し、大騒動となっています。徳島市と阿波おどり共同主催者の徳島市観光協会・徳島新聞社の「3者対立」が、かなり「ヤバイ状態」な…

こちらは総踊りを強行した裏側を追った記事です。

昨日8月13日、夜10時から徳島市内で、一時は「中止」となった阿波おどりの「総おどり - Yahoo!ニュース(現代ビジネス)

官vs民ではなく、旧体制vs新体制の間で、純粋に踊りを楽しんできた人たちが、あんまり難しいことはわからないないけれど踊らされているという感じがしてモヤモヤします。

なんかわからないけれど粛々とするしかないよね、という感じが残念です。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク