アルゼンチンのゴミ事情

アルゼンチン共和国のゴミ事情について調べてみました。

アルゼンチン生まれ、20本のペットボトルから作るエコレンガ | 世界のソーシャルグッドなアイデアマガジン | IDEAS FOR GOOD

12月 27, 2017

アルゼンチン中部に位置するコルドバ州アルタグラシア市のNPO団体EcoInclusionが、2017年にメキシコで開催されたグーグルチャレンジで最優秀賞を受賞した。この大会の目的は、社会にポジティブなインパクトを与える開発の推進だ。 現在、世界には解決すべき環境問題や貧困問題がある。LA NACIONによると、アルゼン...

こちらのNPO団体です。

アルゼンチン、貧困地帯Villas Miseriaの住民150万人に住居権を配布 – 南米ニュース

5月 24, 2017

この写真、玄関なのかな?

街の地図に現れず、道は未登録、たどり着こうとする救急車は迷い、電気も水道も支払われてない、多くの人にとっては存在しない場所。しかし、Villa Miseriaと呼ばれる貧困地帯をひとまとめにすると、アルゼンチンのスラム街は330㎢になり、ブエノス・アイレスの街より広大になります。

ブエノスアイレス市、年間10億枚も無料配布する「レジ袋」の削減に向けて規制を検討 : スペイン語学習のヒント

2012年05月15日

アルゼンチン、ブエノスアイレス市でも環境問題への取り組みが活発化しています。特にスーパーマーケットで大量配布されている「レジ袋」が話題にあがっているのです。市はゴミ問題を解決すべく、条例案を市議会に提出し、レジ袋の使用を規制する動きに出たのです。

ヨーロッパのゴミ問題まとめ

アジアのゴミ問題は深刻ですが、ヨーロッパのゴミ問題はなんだかハイテクなニュースが多いです。

アジアのゴミ問題まとめ

急な経済成長をとげるアジア諸国はどこもゴミが深刻な社会問題になっていました。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク