バヌアツが使い捨てのビニール袋をスムーズに禁止できた理由

バヌアツは南太平洋のシェパード諸島の火山島上に位置する共和制国家です。

以下はJICAに掲載されている一文です。

近年、バヌアツは観光を中心に産業開発に努めた結果、観光客数が増加傾向にあり、順調な経済成長を続けていますが、一方で経済インフラ整備の遅れが、観光業や農業などの産業の発展や経済成長に向けた海外からの投資の阻害要因となっています。

Vanuatu Has One Of The World’s Strictest Plastic Bans. It’s About To Get Tougher.

02/23/2019

The measure, meant to curtail ocean pollution, outlaws products that get thrown away after a single use.

バヌアツでスムーズに事が進んだ理由の一つは、ここでは環境への敬意が文化に織り込まれているということだ。使い捨てのプラスチック製品に代わる手工芸品産業が、何世代にもわたって繁栄しているのだ。

きっかけとなったムーブメント

No plastik, plis. - 「いいね!」8,135件 · 1,292人が話題にしています - Help stop the use of single use plastic items in Vanuatu.

No plastik, plis.さんの投稿 2017年3月19日日曜日

南太平洋の島国バヌアツ、使い捨ておむつ禁止でプラごみ削減へ

2019年2月22日

【2月22日 AFP】南太平洋の島国バヌアツが、使い捨ておむつを禁止すると発表した。

世界のゴミ問題まとめ

ほかの国のゴミ問題はこちらにまとめています。

アジアのゴミ問題まとめ

急な経済成長をとげるアジア諸国はどこもゴミが深刻な社会問題になっていました。

ヨーロッパのゴミ問題まとめ

アジアのゴミ問題は深刻ですが、ヨーロッパのゴミ問題はなんだかハイテクなニュースが多いです。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク