ハイ・グラフィークの張本勇さんをインタビュー

メビック扇町のクリエイティブクラスター活動でハイ・グラフィークの張本勇氏を取材させていただきました。

紙媒体のグラフィックに、もっといろいろ挑戦したい。

西区京町堀のオフィス街。西船場公園の木漏れ日が外壁に映える古い建物「西船場ビル」に、多くのクリエイターが入居すると聞き、今回は2階に入居するデザイナーの張本氏にお話をお伺いした。外国語大学に入学したもののデザインの道をこころざしたのは、雑誌「ぴあ」がきっかけだったとか。
「ハイ・グラフィーク」のクリエイティブクラスター掲載ページ。メビック扇町では、大阪で活躍するクリエイターたちが互いに知り合い、顔の見える関係を築くための新しいコミュニティづくり(クリエイティブクラスター創成活動)に取り組んでいます。

an関西版の編集者だった頃、よく誌面のデザインをしていただきましたが、取材となると知らない一面をお聞きできて面白かったです。またいっしょに面白いことができればなあと思います。

狩野はこの街で活躍するクリエイターたちが互いに知り合い、顔の見える関係を築くための新しいコミュニティづくりに取り組んでいます。

これまでのインタビュー記事はこちらの取材実績をご覧下さい。

「狩野哲也事務所」のクリエイティブクラスター掲載ページ。メビック扇町では、大阪で活躍するクリエイターたちが互いに知り合い、顔の見える関係を築くための新しいコミュニティづくり(クリエイティブクラスター創成活動)に取り組んでいます。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク