狩野哲也事務所は求人募集の記事作成が得意です

キャリアのスタート(1998年)は求人雑誌の編集者でしたので、求人系のお仕事が多いです。

求人市場や求人メディアのビジネスモデルの変遷などを見てきた経験(詳細/求人メディアのビジネスモデルの激変によって、求人サイトの編集者はどんなスキルが必要になったか。)があります。

以下、これまでの記事見本と弊社オリジナルのサービスをまとめてみました。

web上で読める寄稿記事見本

ハローライフ

京都移住計画

今回ご紹介する株式会社八清のホームページを開くと、売買や賃貸物件がずらりと並びます。そのほとんどが京都の町並みに欠かせない京町家です。 八清は、京町家にほかにはない付加価値をつけて改修する家づくりを得意とし、経済産業省の

greenz.jp(グリーンズ)

デザインには人々をひきつけ、心を動かす力があります。 神戸では1995年の「阪神・淡路大震災」からの復興の過程で、神戸で暮らす人や働く人が交流し、そこから生まれ

web上で読めるコラム記事見本

また、仕事を探している方向けのコラム記事も書いています。

転職情報サイト DODA

東京・神保町に店を構える「未来食堂」の小林せかいさんは、ホームページで「月次決算」や「事業計画書」、自身の「スケジュール」などを誰でもアクセスできる状態で公開しています。小林さんはIBMやクックパッドの元エンジニア。IT業界で感じた「オープンノベーション」の力を、飲食業界に持ち込み注目を集めています。そんな小林さんに、...
メンバーを束ねて仕事を進めていくためには、リーダーはチームの課題をメンバー全員に「自分ゴト化」してもらうスキルが求められます。そんな自分ゴト化の技術に関する悩みを解消するべく、さまざまな町の困難な現場におもむき、見知らぬ人たちと仕事をすすめているコミュニティデザイナーの山崎亮さんに、実際にコミュニティデザインの現場で使...

御社の自社サイトに求人募集の記事を書きます社

求人ポータルサイトへの掲載だけでなく、依頼主のサイトの求人募集ページにも寄稿することや、依頼主のサイトの求人ページそのもの(京都のタクシー会社や大阪の運送会社)の制作経験があります。

以下、弊社オリジナルのサービス案内です。

求人ポータルサイトが増える一方、自社サイトでの求人ページに力を入れる企業が目立つようになりました。

圧倒的な会員数を誇るリクナビやマイナビ、エンジャパン、DODAなどに掲載するとエントリー数は増えるものの、当然コストはかかり、同業他社も多く掲載されているため、給料などのスペック競争で強いほうに人が流れる傾向があり、コストをかけたものの残念なことになるケースあります。たくさん面接したけれど、ほかにエントリーしたところに採用が決まったので辞退、なんてこともざらにあります。

一方で自社サイトの求人ページに力を入れると狩野はこんなメリットがあると考えています。

・面接の数を減らせる。すでに自社サイトを見て応募しているので、自社の大まかな説明を端折れる。
・自分の言葉で会社の状況を客観的に伝えることが必要になるため、社員育成の機会になる。

もちろんデメリットもあります。閲覧してもらう努力が必要であることと、本業に携わる時間が減ります。

そんな状況を踏まえて、もし狩野哲也事務所が御社の求人ページを制作する場合はこのような順序で制作します。

何をするか

求人広告の制作と、求人掲載後の情報発信のお手伝い、そして従業員内で御社のビジネスモデルの理解を深めるためのワークショップをセットで行います。

1)依頼主と作戦会議

依頼主が人事担当者か、社長なのか、社員よりも若い2代目社長なのか、依頼内容の背景に営業とバックオフィスとがうまくいってない状況なのか、ワンマン社長に若手の考えを伝える機会をつくりたいのか、募集の背景にはさまざまな裏目的があるはずです。

2)ワークショップの時間/ビジネスモデル理解+情報発信の手伝い+レクチャー込み

インタビュー前に軽いワークショップをはさみ、自社のビジネスモデルを再確認する時間をつくります。ご自身の給料の源泉を理解していない人にインタビューすると、ちぐはぐなことが起こりやすいので、そのあたりのことを作戦会議で話しておきます。

3)インタビュー

ひとりひとりにインタビューします。複数人でインタビューすると声の大きい人の言葉がどうしても多くなることと、深いエピソードが出にくくなるからです。また、話を聞く順番も事前の作戦会議で「何を伝えたいか」によって依頼主と考えます。

4)執筆

5)納品/御社で御社のサイトに直接入稿作業も可能です。

1ヶ月以内に納品します。

いくらかかるか

制作費5万円〜(インタビュー対象者2〜3人、所要時間3時間、インタビュー記事の合計4000〜5000文字程度) ※撮影込み+3万円

問い合わせフォーム

コンタクトしやすいように、狩野哲也ができることをここに列挙しておきます。仕事実績のページと並行してご覧ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする