思考

マーケットやマルシェの主催者・出店者が、開催前に知っておきたいこと

数日前、「マーケットでまちを変える: 人が集まる公共空間のつくり方」の著者、鈴木美央さんがゲストのコミュニティ界隈楽屋ニュースに参加しました。
堺市

マーケットでまちを変える: 人が集まる公共空間のつくり方〜コミュニティ界隈楽屋ニュースの参加レポート

今夜のコミュニティ界隈楽屋ニュースも濃厚でした。開催場所は堺東のコワーキングスペースLR。ゲストは「マーケットでまちを変える: 人が集まる公共空間のつくり方」の著者、鈴木美央さん。
思考

「生産性のない人間」と括る人たちとネプチューン家・長男フカボシのセリフ

今夜のNHKニュースウォッチ9を見ていたら、『やまゆり園殺害事件の植松被告が立川拘置所にいる間に本などを読み、さらに「生産性のない人間は生きる価値がない」という考えが確信に変わった』というエピソードが紹介されていました。
思考

木のみかた 街を歩こう、森へ行こう

森の案内人、三浦豊さんの「木のみかた 街を歩こう、森へ行こう」を読了。良書。本を読んでから街なかの道路を気にするようになりました。
編集・ディレクション

大阪市立中央図書館に狩野が編集した冊子があります

昨日、調べもので大阪市立中央図書館に行きましたら懐かしい冊子を見つけました。
ファンづくりのイロハ(いずみホール主催)

ファンをつくるウェブ発信のコツとは? 「かんたんなのに、ほとんどの人がやっていないお店にファンをつくるウェブ発信の新ルール」

先日のみつばち古書部でゲットした本がスマッシュヒットでした。アートマネジメント講座「ファンづくりのイロハ」でのトークの着想を得るためにぴったりです。 「箱庭」流の発信方法が「SNSを素敵に発信していきたい!」「会社でSNS担当になった...
大阪市

日替わり店主の古本屋「みつばち古書部」(谷町線「文の里」駅下車すぐの「文の里商店街」内)

雨降りの中、日替わり店主の古本屋「みつばち古書部」を目指して初めての「文の里」駅へ。
仕事道具

腰痛クリエイターの味方。「すごいストレッチ」がわかりやすくて助かる件

日々、椅子に座ってパソコンのモニターに向かい、キーボードをかちゃかちゃする時間が長いのですが、そうすると腰だけでなく、おしりの筋肉がはってきたりします。クリエイターの方や職場で事務作業をされている方も同じ症状なのではないでしょうか。
思考

なぜあのプロジェクトは盛り上がり続けるのか? 「地域プロデュース、はじめの一歩」著者・山納洋さんから学ぶ、プロデューサーの心得。

怒涛の締切ラッシュでパンク寸前の中、山納洋さんの著者「地域プロデュース、はじめの一歩」をゲット。目次をチラ読みするとグッと引き込まれ、本文を数行読むと山納さんの声で脳内再生されてヤバいです。はよ読みたい。さっさと仕事を片付けよう。 ...
大阪市

編集者の影山裕樹さんが語る、ローカルメディアが元気な理由とは? アートエリアB1で聞いてきました

アートエリアB1へ「ローカルメディアのつくり方」の著者、影山裕樹さんのお話「地域連携としてのローカルメディアづくり」を聞いてきました。メモ状態のままのっけております。
インタビュー(敬称略)

チームメンバーとの温度差をなくす、コミュニティデザイナー山崎亮さんが語る「5つのステップ」

神戸のKIITOで開催されたイベント「まちのブンカのカタチを創る ローカルアーティストってなんだ?」に参加した日に、山崎亮さんのインタビューをさせていただきました。 この本を読んで、これはビジネスの現場でも役立つと感じ...
タイトルとURLをコピーしました