申し込みメールに自動返信できるGoogleフォームのアドオン「Email Notifications for Forms」が便利!

Googleフォーム回答者に丁寧な自動返信メールを送れるアドオン「Email Notifications for Forms」がめっちゃ便利です。

Googleフォームの使い方

自分でアンケートを作成するだけでなく、他のユーザーとも同時に共同で作成できます。また、デザイン性の高いさまざまな既製テーマから選択したり、独自のテーマを作成したりすることも可能です。しかも、Google フォーム内で結果を分析できる、Google の無料サービスです。

アドオン「Email Notifications for Forms」を使う手順

Googleフォーム回答者に丁寧な自動返信メールが送れます。まずはこちらのページからアドオンをインストールします。無料です。

Get Google Forms responses in an email message when people submit your forms. Send customized email notifications to respondents.

Googleフォームのページでイベントなどの申し込みフォームをつくったとします。入力後、こちらのアドオンボタンを押します。

Email Notifications for Formsの文字をクリックします。

Create Email Notificationをクリックします。

すると斜め下にこちらの画面が表示されます。

赤く囲った部分にご自身のメールアドレスが表示されます。

その下のGoogle Formの部分はメールの送り手の名前を入れてください。

さらに下にスクロールすると、Use a visual editorと表示され、横の鉛筆マークのEDITボタンを押すと、左に編集画面が表示されます。

ここに返信したい内容の文面を書き添えます。

Aff Form Fieldを押すと、最初にご自身がつくった入力フォームの語句が表示され、編集画面に追記できます。追記されたものは{{ }}で表示されたものです。

さらに下にスクロールするとNotify Form Submitter?の表示がでます。

こちらをクリックし、

▼ボタンから入力してくだった方のメールアドレスを選べば、自動返信できるようになります。一度メインのメールアドレス以外で試してみてください。

動画で手順がみたい方は、こちらに英語による解説があります。

ちゃんと自動返信するためのポイント

Googleフォームを活用するポイントは、申し込みサイトなどに、

Googleフォームから入力してください。複数人で申し込む方も連名ではなく、ひとりずつ入力していただけますと集計の際に助かります。

と記載することで、集計間違いをある程度防ぐことができます。

定員に達するとURLのリンクをすぐに削除し、「申し込みを終了しました」と記載することで申し込み超過を防ぎます。

twitterやfacebookには申し込みできるサイトだけを記載し、Googleフォームのリンクを記載しないようにしないと、超過しても申し込めてしまいます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク