中心市街地活性化の手段として注目される、BID(Business Improvement District)とは何か?

ひよこさま 思考

昨日わかったつもりでいたBIDのことを、なんとなくメモしておきました。

BID(Business Improvement District)とは

大阪市で日本初の条例成立 市街地活性化手法「BID」とは何か | 月刊「事業構想」2014年10月号 BID(Business Improvement District)とは法律で定められた特別区制度の一種で、地域内の地権者に課される共同負担金(行政が税徴収と同様に徴収する)を原資とし、地域内の不動産価値を高めるために必要なサービス事業を行う組織を指す。アメリカでは1000以上のBIDが存在し、この10年間でイギリス、ドイツでも制度が導入され、地区経営を支える制度として世界的に広がってきた。

アメリカ

301 Moved Permanently
Grand Street BID
Welcome to Grand Street Explore

NYブライアントパーク

カナダ

ウェールズ

スコットランド

BIDS Scotland
East Lothian Food and Drink – Scotland’s food and drink county

イギリス

Homepage
Plymouth Waterfront Festival

ドイツ

南アフリカ

日本

大阪

まちづくり資金を市が徴収、「大阪版BID」が始動
BIDとは、民間が行うエリアマネジメント活動の資金を自治体が再配分し、公共空間の管理も一体的に任せて街づくりを推進する制度だ。欧米で広がりをみせている。この4月、大阪市が国内で初めて運営をスタートさせた。対象となる地域は、JR大阪駅北側の大規模複合施設「グランフロント大阪」を含む「うめきた先行開発区域」7ヘクタールのエ...
タイトルとURLをコピーしました