beyer(バイエル)梅田唯史さんをインタビュー

きっかけみたいなものが街の中でたくさんあればと思います。

beyer(バイエル) 梅田 唯史氏

玉造の商店街にあるブックカフェbeyerは、普段デザインの仕事をしている梅田さんのお店だ。実はデザインの仕事を模索する中で誕生したということが、このインタビューでわかりました。
08年6月オープン。ドイツ・フランスのギャラリーや出版社から買い付けたカタログや美術書を中心に扱うブックストアに、写真や美術にまつわる本を集めたライブラリーカフェを併設しています

玉造のbeyer(バイエル)は、サロン文化大学で
手芸のスピーカーを担当しているなかごしさんから
「このお店、絶対好きそうだから」
と名刺を渡してもらったお店だったのでした。

そしてさらにインタビューから
日をあけておうかがいすると、
大学の後輩である中田敬史くんと
梅田さんが中高の同級生ということも判明しました。
世間は狭い…。
何か面白いことがいっしょにできれば、と思います。

狩野は扇町インキュベーションプラザの
クリエイティブクラスター活動に関わっており、
この街のクリエイターを取材しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする