韓国映画「タクシー運転手 約束は海を越えて」で知った、光州事件の真相

夕方の予定がなくなったので、梅田の映画館ブルク7で「タクシー運転手 約束は海を越えて」を見てきました。映画のネタバレはないのでご安心ください。




1980年5月

1980年5月。5歳の僕はタイムボカンシリーズ「オタスケマン」を見たり、ルービックキューブで遊んでいた時期ですが、同時期の韓国は軍事政権下で、学生によるデモ運動と政府との間で光州事件が勃発していました。まさにその瞬間を描いた映画です。

なぜ光州なのか

光州の場所はこちらです。

光州事件とは何か

光州事件は、1980年5月18日から27日にかけて大韓民国(韓国)の全羅南道の道庁所在地であった光州市を中心として起きた民衆の蜂起。5月17日の全斗煥らのクーデターと金大中らの逮捕を契機に、5月18日にクーデタに抗議する学生デモが起きたが、戒厳軍の暴行が激しかったことに怒った市民も参加した。デモ参加者は約20万人にまで増え、木浦をはじめ全羅南道一帯に拡がり、市民軍は武器庫を襲うと銃撃戦の末に全羅南道道庁を占領したが、5月27日に大韓民国政府によって鎮圧された。

金大中は全羅南道の出身で、光州では人気があり、彼の逮捕が事件発生の大きな原因となっている。

5·18기념재단(5·18記念財団)のページがこちら。

こちらの映像資料のページを見ると当時の様子がよくわかります。映画を見てから見ることをオススメします。

映画「タクシー運転手 約束は海を越えて」

公式サイトはこちらです。

映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』公式サイトです。2018年4月21日(土)シネマート新宿ほか全国ロードショー

ストーリー

ソウルのタクシー運転手マンソプは「通行禁止時間までに光州に行ったら大金を支払う」という言葉につられ、ドイツ人記者ピーターを乗せて英語も分からぬまま一路、光州を目指す。何としてもタクシー代を受け取りたいマンソプは機転を利かせて検問を切り抜け、時間ぎりぎりで光州に入る。“危険だからソウルに戻ろう”というマンソプの言葉に耳を貸さず、ピーターは大学生のジェシクとファン運転手の助けを借り、撮影を始める。しかし状況は徐々に悪化。マンソプは1人で留守番させている11歳の娘が気になり、ますます焦るのだが…。

映画の半分ぐらいはタクシーの中

こちらはメイキング映像つきの動画です。

こちらは日本語字幕が入ったメイキング映像です。

気のいいタクシー運転手のおじさんが主人公です。演じるのはソン・ガンホさん。TBSラジオたまむすびで町山智浩さんが話しているのを聞いて見たくなったのですが、本当に良い作品でした。

このタクシー運転手の乗客となり、光州に向かったドイツ人ジャーナリストJürgen Hinzpeter(ユルゲン・ヒンツペーター)さんは実在の人物です。

ドイツ人ジャーナリストJürgen Hinzpeter(ユルゲン・ヒンツペーター)

グーグル翻訳さまの力を借りますと、

Hinzpeter filmte 1980 als einziger Journalist das Militärmassaker in Gwangju. Seine Aufnahmen gelangten über Umwege nach Deutschland und wurden weltweit gesendet.

1980年の光州事件を撮影したのは彼一人で、世界中のメディアに公開し、

Er hat den Demokratisierungsprozess in Südkorea gefördert.

韓国の民主化を促した、とあります。

その資料映像がこちら。

Jürgen Hinzpeter, in den 1980er Jahren im ARD-Studio Tokio als Kameramann beschäftigt, wird in in Südkorea sehr verehrt. Korrespondent Uwe Schwering begab sich ...

お名前で検索すると過去映像が出てきます。

こちらは韓国発の英語圏向けの番組ですかね。

こちらは韓国MBCのドキュメンタリー番組。

こちらは全南日報。

こちらは1980年のNHK。

パク大統領殺害後の難局を乗り切った韓国では、2月末にキム・デジュン氏らの公民権が回復され、民主化が進・・・

これら過去映像の多くがJürgen Hinzpeterさんが命がけで撮影したもので、当時の韓国国内メディアでは、検閲がかかり、住民は真実を知らされていなかったようです。

A new film about the 1980 massacre in Gwangju has an unlikely protagonist: the taxi driver who made sure a foreign journalist got there to document it.

386世代

この映画を見て、以前こちらの記事で書いた

南千里のラコルタへ韓国ソンミサン・マウルのまちづくり先進事例を聞きに行きました。話し手はNPO日本希望製作所の桔川純子さんです。そのお話のメモを忘れないうちにまとめておこうと思います。

386世代が頭の中でつながりました。

映画鑑賞後の気になるニュース

1979年10月26日、朴正煕(パク・チョンヒ)大統領が暗殺され、18年にわたる軍事独裁政権が幕を下ろした。しかし12月12日、軍部の一部勢力が粛軍クーデターで事実上、政権の実権を握ると、軍事政権の復活を警戒する学生らの民主化デモは韓国全土に拡大した。 1980年5月17日、軍の実権を握っていた全斗煥(チョン・ドゥファ...
1980年光州を訪れた『タクシー運転手』キム・サボク氏 1975年からドイツ人記者ヒンツペーター氏と会い 咸錫憲、桂勳梯など在野の大家とも交流 「時代の痛みを知らせようとした父の努力を知らせたい」

韓国ドキュメンタリー映画「パーティー51」

この映画に興味のある人はこちらもどうぞ。

Offshoreの山本佳奈子さんが個人で配給している映画とのことで、韓国ドキュメンタリー映画「パーティー51」を見てきました。良い映画だったのでいろいろ記憶が鮮明なうちにメモしておこうと思います。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク