【インタビュー・文】先入観を変えるのは“前向きな力”。世界のダウン症の子どもたちを撮り続ける写真家・名畑文巨さんが写真展で伝えたいこと。

greenz.jp(グリーンズ)のライターとしてインタビュー記事を書きました。

写真家の名畑文巨さんをインタビューしています。

みなさんは電車やバスの中などでダウン症のある人を見かけたとき、「障がいのある人やその家族はかわいそう」と感じたことはありませんか? この記事を書いている私も、今

取材先に向かう前に少し池田市を歩きましたが、このまちの形成は深堀りすると面白そうです。

阪急池田駅

ウォンバット押し

View this post on Instagram

池田市はすごいウォンバット押してくる

A post shared by 狩野哲也 (@kanotetsuyajp) on

小林一三記念館

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする