具体に感染しなければ、情熱など生まれない。

茂木健一郎さんのblog・クオリア日記を読んで、グッときたところをメモしておきます。

「科学者」という抽象的な存在になろうと思ったわけではない。小学校5年生の時に伝記を読んで、アルベルト・アインシュタインというたった一人の生涯と事蹟に「感染」したのである。

具体に感染しなければ、情熱など生まれない。

本当に、たったこれだけという、きわめて具体的なもの。

情熱的になりたいなどと、抽象的な泡を吹いていても仕方がない。

世間がこれがいいと言うから、自分でもそれがいいと思うなどという人は情熱の姿がぼやける。

自分が命がけでそれを追うことのできる、たった一つの何ものかを見つけよ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク