ピッコロシアターの音声ガイドつき演劇公演の裏話

大阪市

本日の大阪アーツカウンシルあつかん談話室」はピッコロシアターの古川知可子さんに、音声ガイドつき演劇公演について話していただきました。演劇のバリアフリー化。劇場に来ない人に想いを馳せる、それが公共劇場の仕事という最後の言葉にグッときました。

以下、気になったメモ。

無料のアプリ「UDトーク

「多言語の翻訳および音声認識や音声合成を実装することで、障害者バリアフリーだけではなく言語バリアフリーに、漢字かな変換機能を使うとことで世代間バリアフリーに、多目的に使えるコミュニケーションアプリ」

教育機関で導入を検討されている方へ
Q.導入をしたいがどのプランを選べばいいのか?A.まずご利用となる窓口が「教育機関」なのか「教育委員会」なのかで変わってきます。窓口が教育機関の場合は「教育機関向けプラン」が適応されます。窓口が教育委員会の場合はスタンダードプラン(管轄校3箇所まで)もしくはプレミアムプラン(制限なし)が適応されます。Q.何を用意すれば...

2017/8/6更新
ピッコロシアターの音声ガイドつき演劇公演に行ってきました。

ピッコロシアターの音声ガイドつき演劇公演に行ってきました(体験レポート)

2017/8/24更新
大阪アーツカウンシルのサイトにこちらの日のレポートを書かせていただきました。

ピッコロシアターの古川知可子さんに「音声ガイドつき公演」の試行錯誤を聞きました。
大阪アーツカウンシルでは7/28夜、ピッコロシアターの古川知可子さんを「あつかん談話室」のゲストに迎え、音声ガイドつき演劇公演の試みについての話を聞きました。
タイトルとURLをコピーしました