情報発信

ファンづくりのイロハ(いずみホール主催)

Googleアナリティクスを会社の都合で搭載できない自社サイトでも、アクセス状況やコンテンツの着想を得るための3つの分析方法

上場企業が利用しているWebサービスランキングTOP100の1位はGoogleアナリティクスで、83%超えというデータ(2017年8月)があります。
情報発信

炎上事例:キリンビバレッジの誰に向けた発信なのかわからないツイートを分析

大企業もこんな誰に向けてつくったのかわからない広告をつくるんですね。なぜ自社製品の午後の紅茶を手にしている女の子を小馬鹿にした投稿をするのでしょう?
神戸市

「闘うホール」の365日のレポートから読み解く情報発信

大阪アーツカウンシルのサイトで記事を書きました。
ファンづくりのイロハ(いずみホール主催)

「発信してみたものの、そもそも読んでくれているの?」に答えてくれる、ソーシャルメディアの分析ツールでわかること

ソーシャルメディアの分析ツールをそれぞれ紹介します。
ファンづくりのイロハ(いずみホール主催)

その顧客ターゲットはあっています?

どんな世代をターゲットにしているのか、というところで事例を紹介していきます。 まずは頭を柔らかくするために価値提案したもののターゲットを変えてみたらヒットしたという例を紹介します。
神戸市

情報を伝える専門家(の端くれ)から見た「世界一のクリスマスツリー」が失敗した3つの理由。

Twitterのハッシュタグ #世界一のクリスマスツリー を閲覧すれば今何が問題になっているのかがなんとなくわかります。少しつぶやきを紹介してみましょう。
ファンづくりのイロハ(いずみホール主催)

ファンを大事にする、Facebookページの活用事例

ファンを大事にしていると感じる、Facebookページの活用事例をこちらに紹介します。
ファンづくりのイロハ(いずみホール主催)

ファンを大事にする、Instagramの活用事例

Instagramの活用事例を紹介していきます。
ファンづくりのイロハ(いずみホール主催)

どう振る舞うべき? SNS公式アカウントのキャラクター設定という考え方

企業アカウント、公式アカウントはどう振る舞うべきか。そんな事例を集めています。
ファンづくりのイロハ(いずみホール主催)

失敗例から学ぶ、ソーシャルメディア活用事例:炎上リスク

総務省の「社会課題解決のための新たなICTサービス・技術への人々の意識に関する調査研究」(平成27年)の中の「図表4-2-2-7 SNS上でのトラブル経験の内容」を引用します。 事前に防ぐ方法 ・投稿前に誰かに見てもらう。 ...
ファンづくりのイロハ(いずみホール主催)

【SNS運用】「誰が発信する?」と考えるのは旧時代。ソーシャルメディアを使った情報発信のベースとなる考え方

スタッフの中で「誰が発信する?」と考えてひとりに絞るのは、もはやSNS以前の話。いかなる個人より全員のほうが賢いという答えがスタンダードな時代です。
タイトルとURLをコピーしました