バイクはスマホで呼ぶ時代に。インドネシアの企業Go-Jek(ゴジェック)が仕掛けるプラスチック廃棄運動とは?

こちらの記事「ペットボトルを電子マネーに。プラスチック廃棄問題に挑むインドネシアのユニコーン企業 | 世界のソーシャルグッドなアイデアマガジン | IDEAS FOR GOOD」を読んで、プラスチック廃棄に挑む企業があることを知りました。

Uberのバイク版Go-Jek(ゴジェック)

Go-Jek(ゴジェック)というサービスはUberのバイク版のようです。

もうすでに、インドネシアのネットユーザー約7,000万人のおよそ半数が利用しているそうです。

ジャカルタの渋滞はとても深刻です。この状況でGo-jekなどの新たな交通サービスが台頭してきています。 今回はジャカルタの新たな交通サービスについてまとめました。

プラスチック廃棄運動 #TrashForCash

そのGo-Jekが仕掛けるプラスチック廃棄運動というのは、ペットボトルのゴミをもってきてくれたら、電子マネーにチャージしてあげるという試み。そのハッシュタグが#TrashForCash。

これは4月にはじめたばかりのようで、どうなるか楽しみです。

アジアのゴミ問題まとめ

急な経済成長をとげるアジア諸国はどこもゴミが深刻な社会問題になっていました。

ヨーロッパのゴミ問題まとめ

アジアのゴミ問題は深刻ですが、ヨーロッパのゴミ問題はなんだかハイテクなニュースが多いです。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク